ミドリムシ燃料のバス ユーグレナといすゞが共同研究

ミドリムシ燃料のバス ユーグレナといすゞが共同研究

ミドリムシ燃料のバス ユーグレナといすゞが共同研究しました

地球温暖化防止対策として、二酸化炭素の排出量をいかにして削減するかということが全世界先進国各国の重要な課題となり、既に様々な取り組みが展開されています。
その一つにバイオ燃料の開発があります。

 

バイオ燃料というとディーゼル車の燃料として使用する軽油の代替えとして、サトウキビやトウモロコシの油脂から作ることが出来るということは知られています。

 

しかし、これも消費の際には二酸化炭素が発生し環境に負荷がかかってしまう上、食品としての価格の高騰や乱高下などのリスクを取り払うことが出来ません。

 

そんな中、2014年6月国内現存の中では最古の歴史を誇る「いすゞ自動車株式会社」と東大発のベンチャー企業である「株式会社ユーグレナ」が、ミドリムシを使った次世代バイオディーゼル燃料を実現化するための共同研究契約を締結し「DeuSEL(R)(デューゼル)プロジェクト」が始動します。

 

「DeuSEL(R)(デューゼル)」とは、「ディーゼル(DIESEL)」とミドリムシの学名である「ユーグレナ(euglena)」を
組み合わせた言葉で、いすゞとユーグレナ社共同の登録商標となっています。

 

二酸化炭素を吸収し、光合成を行なう生物であるミドリムシは太陽や風と同様に再生エネルギーの一つとみなされており、地球環境に掛かる負荷は大変少なくなります。

 

バイオ燃料は、その粘度やスラッジと呼ばれる廃棄物が発生しエンジンなどを傷めかねないため、現状、全体の5%までしか軽油に混ぜることが出来ません。

 

しかしそれを、100%バイオ燃料に置き換えてもエンジンに負担を掛けることなく使用できるミドリムシ由来のバイオ燃料を目指し、研究が進められており、2018年の実現に向けプロジェクトを展開しています。

 

既に、いすゞでは2014年7月1日から、通常のディーゼルエンジンを搭載したバスにミドリムシから作った燃料を入れたシャトルバスが、いすゞ藤沢工場〜湘南台駅間で、いすゞの社員や工場見学のお客様を乗せ平日、毎日運行しています。

 

その様子は「ミドリムシで走るバスプロジェクトムービー」として、HP(http://www.deusel.jp/)でも見ることが出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ